今日は休みで朝から風呂をためて入り、ちょっとだけのんびりとした気分になっています。

すると、今、自宅の電話(着信音を【ユーモレスク】にしています)ががんがんなり、あわてて出ると「なにやら洋行のだれそれ」という男が「お忙しいところ…」というではありませんか!

てっきり会社に電話して「今日はお休みです」と言われ、自宅にかかってきたのかと思い、聞きなれない会社名を必死に思い出そうとしていたら、「資産運用についてお話を…」と言いだしました!

こちらは資産が無いのに、資産運用を…という営業マンに哀れを覚えましたが、ここは「じゃあ2,3億円の運用をお願いしてみるか!」と言ってみようかな?ととっさに考えました。

しかし、やはり自分がそんなうそをつかれたらやはり頭へくるでしょうし、そうこう考えているうちにだんだん面倒くさくなってきたので丁重にお断りして切りました。

たぶん電話帳で調べたのでしょう。
電話帳というのは個人情報の塊ですから…