386b4da2.JPG郵便局で半日以上つぶし、リハビリ病院を見学したりしてから荻窪のアンサンブル荻窪という福祉施設へ行き、母の身体障害者手帳の申請をしました。

相手してくれた若い職員は郵便局とは雲泥の差で、まず自分の名を名乗り親切に申請を受け付けてくれました。

病院で4桁の金額を出して書いてもらった診断書と、母のスナップ写真を持参し、申請用紙に記入しました。

1ヵ月後くらいに受付書類が郵送されるので、再訪すれば手帳をもらえるとのこと。
担当してくれたTさんは障害者4000人ほど担当していると言っていました。来訪者が結構いるので急がしそうでしたが、さすがに親切に対応してもらい、郵便局でのイラつきが軽減しました。


http://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0037.htm