いよいよGMが日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条を適用し、破綻する様だと朝刊に載っています。

私の会社でも、全社一丸となって経費節減に取り組んでいますが,
世界一の企業でもあるGMが破綻するとは時代も変わってきた様です。

たしかに旧態依然とした退職者保健組合とか、日本車に追い上げられても過去の栄光にしがみついて改革をしないとか、いろいろ原因はあるのでしょう。

しかし、市場原理で拡大政策をとり、顧客のニーズばかり追いかけて、世界的な環境問題に背を向けて、社会の変化に対応出来なくなってしまったのは、アメリカ国家の責任でもあるような気もします。

早くから、次世代の環境問題解決に資金をつぎ込んだ日本車(特にトヨタ)とは違い、長期を見通した全世界的な視野が欠けていたのではないでしょうか。

それにしても、多種多様な車が沢山走っていた昔を懐かしんでしまいます。

そのうち、走っている車が、電気自動車ばかりになって、危険防止のため、擬音を発しなくてはならない道交法が出来て、今の携帯の着メロのように、車の接近音が競われる時代が来るかも知れないかと思うとぞっとしますね!